アルコール配合化粧水はニキビを悪化させる

ニキビ肌はさっぱり系や皮脂を抑える化粧水を選びがちです。さっぱり系や皮脂を抑えるものは、アルコールを使用していることがあります。アルコールは蒸発しやすく、肌に存在する水分も一生に奪ってしまい、乾燥を進行させます。
乾燥した肌は肌を保護するために皮脂分泌を活発にしたり、角質を厚くします。厚くなった角質で毛穴がふさがれ、皮脂がたまってニキビにつながります。
アルコール配合の化粧水はニキビを悪化させるので、ニキビできているときは避けるのがよいです。